【第17回アサマ2000スキー技術選手権大会】 レポート&上位入賞者リザルト掲載いたします – アサマ2000パーク スキー場

ページの上部へ

宿泊予約

グリーンシーズンへ

  • Facebook
  • Instagram
  • twitter

〒384-0000 長野県小諸市高峰高原
東京・練馬ICから約2時間半、軽井沢から約1時間。

PICK UP  |

高峰高原ビジターセンター/ビジターズカフェ営業中。2018-2019リフト料金を更新いたしました。その他のページにつきましては、随時更新いたします。

EVENT BLOG

 2017.03.29

【第17回アサマ2000スキー技術選手権大会】 レポート&上位入賞者リザルト掲載いたします

2017年3月26日(日)開催
クラス別上位入賞者⇒リザルトはこちら
 ≪日本一あたたか~く、しびれるアサマ2000の技術選!!≫
選手の皆さま、応援団の皆さま、ゲストジャッジの山崎操さん、鈴木ぷっちょ裕樹選手、白井耕太選手、大会MCマッスル力也さん、そしてスキー場スタッフ。昨年以上にみんなで一丸となった、アサマ2000のシーズン集大成のイベントとなりました。定員を上回る150名もの選手の皆さまのご参加、心より感謝いたします。

大会当日は、アサマ2000らしくない雪の降り続く1日となりました。ただ、3月末とは思えないパフパフふかふかの新雪!大会としては少々難しい条件ではありましたが、フリーで滑るには最高のもさもさ具合いでした。標高2,000mの春は素晴らしいです!
Stage2に用意された大会用のコートを、1人ずつ、決められた種目で滑ります。自分の滑走順は、緊張もしますが、爽快ですよ!!
雪の降り続くお天気。高級アンプ&ミキサーなどを備えたDJマッスル力也さんには泣く泣く黄色い戦闘車に入っていただきました。青空の下のサテライトスタジオは、来年のお楽しみにしましょう。それにしても、マッスル力也さんには全日本さながらに、大会の最中休むことなくずっとアナウンスをしていただきました。
ただでさえ標高2,000mの高地。冗談抜きで酸欠になるくらい大変だったと思いますが、選手のため、大会のために、本当にありがとうございました。
 
アサマのあたたかい技術選は、3種目で競います。大回り⇒小回り⇒不整地小回り(コブ)です。
以前より、どちらかというとレベルの高い大会ではありましたが、特に今年の大会はより一層レベルが上がっていました。特に女子選手の上手さは、見ごたえがありました。若い世代の活躍も、スキー場としては大変うれしいものです。
 
3月末とは思えないくらい、本当に寒く、視界の悪い中での大会となりました。参加選手の皆さま、応援団の皆さま、本当にお疲れさまでした。そして、ありがとうございました。
スキーの楽しさを皆さまにお伝えする一つの方法として、来シーズン以降より一層レベルアップした内容で継続していきたいと思います。
来年も、シーズンの終わりにアサマ2000の最高の雪で、一緒に楽しみましょう。
第17回アサマ2000スキー技術選手権大会
クラス別上位入賞者⇒リザルトはこちら

【番外編①】

技術選前日の3月25日(土)は、3名のゲストジャッジによる“直前クリニック”を開催いたしました。翌日技術選に参戦の、20名強の選手たちにお集まりいただきました。
 
練習は全て実践形式。Stage2を繰り返し滑りながら、3名のジャッジからアドバイスをもらいます。午前中は大回り、午後は小回り~コブと、効率良くトレーニングができました。
 
 
前日クリニックの最中から、ゲレンデにはDJマッスル力也によるサテライトスタジオが!!この日はたくさんの選手たちが練習していたこともあり、マッスル力也さんの音楽とDJで、大会に向けて気持ちが盛り上がったのではないでしょうか。
※朝イチ、大会関係者で滑りまくってしまい。。まず私たち主催者側がスキーを楽しませていただきました!雪がシーズンイチくらい、最高だったのです。
【番外編②】
今大会初開催の前夜祭“DJマッスル力也 presents Skier’s Night!!”
 
技術選の草大会で、こんなにもあたたかいアットホームなパーティーはありますでしょうか。“Barみさお”来年もお願いします。
主催者は、来年に向けて照明を何とかいたします(反省)。